関門時間旅行

巌流島後の宮本武蔵!剣術/五輪書/水墨画…イチ剣豪を超えた天才の「無敵」をめぐる関門時間旅行

巌流島後の宮本武蔵!剣術/五輪書/水墨画…イチ剣豪を超えた天才の「無敵」をめぐる関門時間旅行

吉川英治の小説の「宮本武蔵」は巌流島の決闘で終わります。多くの映画やドラマも同じです。 しかし、真の偉大な剣豪 宮本武蔵が生まれるのはその後です。武蔵がこれほど長く語り継がれているのは「五輪書」を始めとした普遍的な勝負の哲学や、その迷いのな...
神功皇后のパワースポット!海峡七神社をめぐる関門時間旅行

神功皇后のパワースポット!海峡七神社をめぐる関門時間旅行

神功皇后(じんぐうこうごう)をご存知でしょうか? 日本書紀や古事記に出てくる伝説の皇后で、とにかく勇ましい武勇伝がたくさんある方ですが、神社好きイラストレーターの上大岡トメさんの言葉を借りればこの方は「元祖日本のワーキングシングルマザー」な...
世界の海峡都市 #6 関門

世界の海峡都市 #6 関門

  これまでこの連載では、世界の海峡都市をめぐる旅をしてきました。どこの海峡でも、相反するふたつの民族や宗教、価値観が対峙し、衝突と闘争の歴史が紡がれていました。しかし、時代が下るにしたがって、船の性能や収容能力が高まったり、建築...
天皇をおいて、関門海峡を越えて単身赴任の夫に逢いに行った紫式部の娘・大弐三位

天皇をおいて、関門海峡を越えて単身赴任の夫に逢いに行った紫式部の娘・大弐三位

関門人物伝、初の女性は紫式部の娘! 関門人物伝(イキザマ・ミュージアム)も早いもので7回目ですね。これまでの6回を振り返ってみると、第3話の僧 清虚(withブラントン)を除けば、平知盛、宮本武蔵、高杉晋作・・・みんなサムライ、戦う男たちで...