関門時間旅行

平家物語の新作!珍作? 『関門オペラ』は、関門に新風を巻き起こすか!?

『関門オペラ』(非・売れ線系ビーナス公演)という平家物語を題材にした舞台があるという。
ブレヒトの戯曲『三文オペラ』と関門海峡をかけあわせたようなネーミング。
そしてサブタイトルは「生き恥☆バンザイ」。
写真提供:非・売れ線系ビーナス

生き恥バンザイ?

主人公は平宗盛(むねもり)。清盛の三男で、平家の総大将。
じつは、平家物語の作品の中では、あまり格好良く描かれていない人物なのです。

壇ノ浦の合戦で、平家の敗北が明白になり、次々に海に身を投げる平家の武者たちの傍で、
オロオロするだけの宗盛と息子の清宗。

その様子を見かねた味方の武士から、背中を突き飛ばされ海に落とされるも、
二人は泳ぎが達者だったため、海をぐるぐると泳ぎまわる…
そんな場面が平家物語で伝えられるため、
宗盛には臆病者のレッテルをはられているようなのです。

かたや、知将として知られる新中納言の平知盛(とももり)は、
「見るべきほどの事をば見つ」と覚悟を決め、潔く海底へ…。
しかも海面に体が浮かんでこないよう、鎧を2つも身にまとっての入水だったそうです。
このエピソードは、いまや人形浄瑠璃『義経千本桜』や戯曲『子午線の祀り』の名場面。

ところが、宗盛を題材にした作品というのは、あまり聞きません。これは見モノ。
そこで初演となる8月19日、「ミリカローデン那珂川」へでかけました。
会場のある福岡県の那珂川町も、じつは平家ゆかりの地なのです。
平家が都落ちした際、この地の有力豪族だった原田種直が私邸を安徳天皇の仮皇居として提供、
その場所がいまでも「安徳台」という地名として残っているのです。

開演後、まず舞台に登場したのは、黒のシャツと赤のベスト姿で登場する細身の宗盛。
『三文オペラ』チックな平家物語のようで、衣装だけでなく、呼び名ひとつとっても、現代風。

たとえば、
平宗盛は「むねちゃん」
平知盛は「ともちゃん」
平経盛にいたっては「ちゃんこれ」という愛称で呼ばれていたり(笑)

ストーリーは平家物語の原文に忠実ではあるものの、かなり大胆な演出です。
ミュージカル的な場面もあれば、観客を巻き込んでのシーンもある。
キャラクターの濃い暴れん坊の木曽義仲のパフォーマンスに、会場は笑いの渦。

めくるめく展開で、古典にまとわりつく古臭いイメージのかけらもありません。
最も印象的だったのは、やはり二位の尼に抱かれた安徳天皇が入水するシーンでした。

そして死に切れない宗盛の「生きたい!」という生々しい人間の叫び…。
時代を超えて、今に生きる私たちに問いかけてくるのです。

「あなたが宗盛だったら、どうする?」と。

もちろん、クライマックスの舞台は関門海峡。
ああ、この舞台を、現場の関門で観たいーーー
そうした気持ちが自然とわき上がってきたのです。

壇ノ浦の合戦の現場でいよいよ公演!

初演は那珂川町でしたが、じつは9月14日、15日に下関公演が決まっています。
脚本と演出を担当する田坂哲郎さんいわく、その地に応じた演出にするそうです。
その地が積み重ねてきた歴史を感じながらの舞台は、おそらく違ったものになる。

830年前と変わらない関門海峡の潮流を感じながら、
平家一門がクライマックスを迎えるお芝居を鑑賞するなんて…ということで、
下関公演も観にいく予定です。
会場でお会いしましょう!

 

 

 


非・売れ線系ビーナス公演『関門オペラ』下関公演
[日程]
2018年9月14日(金)/15日(土) 全2ステージ (上演時間100分)
14日(金) 18:30開演/15日(土) 14:00開演
[場所]
DREAM SHIP 下関市生涯学習プラザ「風のホール」
〒750-0016下関市細江町3-1-1
公演の詳しい情報はこちら。

About The Author

関門プロデュース研究隊海峡都市の編集職人中野 由紀昌
山口県下関市出身。陸上競技の強豪校として知られた長府高等学校の短距離選手として、日々、強靭な肉体と猪突猛進の精神を叩き込まれる。

高校卒業後、陸上選手として北九州市の企業に入社するが約3年で退社、日本デザイナー学院(福岡市)に入学し、デザイン・編集の道へ。福岡市の出版社で雑誌編集に5年ほど携わったあと、独立。同時期に開校したイシス編集学校に入門、それまでの「編集」の概念が一掃、多様性と可能性に満ちた「編集工学」の虜となる。

現在は「EDIT OFFICE 瓢箪座(ひょうたんざ)」で、印刷物や催事の企画・編集・DTPのほか、地域に編集的な場づくりをもたらすべく、九州支所「九天玄氣組」での活動や、MUJIBOOKSなど書店でのブックワークショップを展開中。無類のひょうたん好き♪

Leave A Comment

*
*
* (公開されません)

海峡都市写真館

More