関門時間旅行

宮本武蔵の「獨行道(独行道)」の解釈を何度も考えた2018年。やはり武蔵はすごい!

宮本武蔵の「獨行道(独行道)」の解釈を何度も考えた2018年。やはり武蔵はすごい!

関門プロデュース研究隊 隊長 富田です。
2018年はなんといっても、「宮本武蔵」に時間もエネルギーも割きまくった一年でした。僕の今年の漢字は「武」です。笑

武蔵という人は、掘れば掘るほど魅力的な人で、それも現代に生きる我々にとってもヒントになることがたくさんある、実に普遍的な魅力に溢れています。

武蔵の時代は、戦国時代→ 江戸時代へ、力が正義→ 戦いのない時代へと変化した時代です。そんな中で、遅れてきた最強の武者である宮本武蔵は「刀で勝つ必要のない時代のサムライの生き方」を考え続けたのではないかと思います。

そこで「今後は剣術よりも交渉力だ」とか、「剣術よりも算術だ」「学問だ」とか考える方向もあるかもしれませんが、武蔵はあくまで剣の道=兵法の理(ことわり)にこだわり、何事も兵法の理に従って生きぬきます。サムライとは、個人の戦闘能力を誰より高く極めながら、その強さは「家」と「主君」を守るためであって自分のためではない・・・という存在。つまり・・・

「個」の力を極めつつ、個人のために使わない。
「家」を守り生きるのに、群れずに個を極める。

という、相当に自分を律せないと難しい生き方を貫くこと。
そして「武力」ではなく「尊敬」で統治することこそ、平和な時代の武士の生きる道だと江戸時代の初めにハッキリ示した人が、宮本武蔵だったのではないかと思いました。だからこそ、宮本武蔵は当時から多くの人の尊敬を集め、そのサムライ魂へのリスペクトは枯れることなく400年たった今も世界に広がり続けているのではないかと。

宮本武蔵が死の七日前に書き、弟子に渡した『獨行道(独行道:どっこうどう)』という【作品】があります。これは弟子への備忘的な言いつけメモでも、自分自身に向けた誓いでもなく、今後平和な時代を生きるサムライの後進に向けて伝えた「生きる心得」ではないかと思います。武蔵最後の作品だけに、非常にコンセプチャルで「座右の銘」にする人もたくさんいますが、面白いのは人によって響く言葉も違い、少しづつ解釈も違うことです。

どれが「正解」かは問題ではありません。みんなそれぞれに「独行道」を考えることを通じて、武蔵先生と400年の時を超えて会話ができることが、この作品の本当の素晴らしさなのですから。

ということで、以下に、何度も何度も書き換えて、2018年12月9日に行った「宮本武蔵聖地巡礼の旅」に参加者にお配りした富田の解釈を掲載しておきます。これとて、また自分の成長と共に書き直していく「道の途中」の解釈ですが・・・。

独行道 by 宮本武蔵
〜サムライとして生きる心得〜(意訳)

 

一、世々の道をそむく事なし。

先祖代々の道に外れることはしない

一、身にたのしみをたくまず。

自分の楽しみやトクを優先して考えない

一、よろづに依枯(えこ)の心なし。

どんなことにも依存心を持たない

一、身をあさく思、世をふかく思ふ。

自分のことより、世のことを深く思って生きる

一、一生の間よくしん(欲心)思はず。

生涯、欲望にとらわれないように生きる

一、我事におゐて後悔をせず。

自分のしたことは、後悔しないで生きる

一、善悪に他をねたむ心なし。

善悪を判断するのに、他人を妬む心は挟まない

一、いづれの道にも、わかれをかなしまず。

違う道を選んだ人との別れや、心離れを悲しまない

一、自他共にうらみかこつ心なし。

自分にも人にも、恨みや責任転嫁の気持ちを持たない

一、れんぼ(恋慕)の道思ひよるこゝろなし。

恋慕の情に、心とらわれないように生きる

一、物毎にすき(数奇)このむ事なし。

物に対して、いちいち好き嫌いをいわない

一、私宅におゐてのぞむ心なし。

自分の住む家に、あれこれ望まない

一、身ひとつに美食をこのまず。

必要以上に贅沢な食事はいらない

一、末々代物なる古き道具所持せず。

代々伝える立派な道具など持たない

一、わが身にいたり物いみする事なし。

自分が持っている物を忌み嫌うこともない

一、兵具は各(格)別よ(余)の道具たしなまず。

武具は別だが、他の道具は特にこだわらない

一、道におゐては、死をいとはず思ふ。

武士道においては、死は恐れることではない

一、老身に財宝所領もちゆる心なし。

年老いた身に財産や所領を貯め込もうと思わない

一、仏神は貴し、仏神をたのまず。

神仏は尊敬すべきだが、神仏頼みではいけない

一、身を捨ても名利はすてず。

たとえ死んでも、名誉は捨ててはいけない

一、常に兵法の道をはなれず。

常に兵法の道を離れず、武士として生きる

 

本年も一年、皆さままことにお世話になりました。
今年はまさに時代の節目。来るべき新時代を、しなやかに生きていきましょう。
どうぞ良いお年を。

 

About The Author

関門プロデュース研究隊隊長富田 剛史
関門エリアの魅力に惹かれ、しかしそのA級コンテンツが地元以外にあまりに知られていないのを何とかしたいと「関門プロデュース研究隊」を旗揚げした。日々、一風変わった仲間が増殖中。あなたもいかがです?

メディアプロデューサー
メディア化 支援アドバイザー
トミタプロデュース 代表取締役

Leave A Comment

*
*
* (公開されません)

【公演のお知らせ】 
5/1(水祝)2(木祝) 琵琶朗読劇「波の下の都」を門司港の三宜楼で再演します!

2月初演はチケット完売!満員御礼!! あの「平家物語」を、女性目線で描くオリジナル琵琶朗読劇を、新元号スタートの日に再演します。【会場】門司港の歴史的木造建築 三宜楼 百畳間  詳細はこちら

海峡都市写真館

More